メインイメージ

まずは、一邸一邸の「構造設計」が大切

家は千差万別。建物の実大振動実験では、本当の耐震性は分からない。

イメージ

2016年4月に発生した熊本地震など、これまでの常識では予想もできなかった震災が取りざたされる中、さまざまな住宅会社は耐震性を謳い、建物の実大振動実験などを通じて、その耐震力をアピールしています。
しかし、実験結果の数値がいくら優れていても、それだけで地震に強い家が建つとは限らないことを、知っていただきたいです。なぜなら、実大振動実験に使われる住まいは最新の耐震構造のものばかりですし、間取りもシンプルな総2階建てで、1・2階の壁や柱のバランスが最も安定している状態の構造物が用いられるからです。
では、現実の住まいはどんな状態なのか?街中を歩いていると分かりますが、家の形も千差万別ですし、築年数や建て方も多種多様です。自由設計の注文住宅を基本とするシルバニアホームの家づくりも、基本的な工法は当然統一されていても、同じ建物はほとんどありません。

そこで大切なのが、耐震・制震装置などを取り入れる前に、建物のベースを強固にすること。一棟ごとに「構造設計を確実に行うこと」なのです。お施主様のこだわりのプランを叶えながら建物のバランスに配慮したうえで、繰り返し襲ってくる地震に対しても建物自体が強い耐震性を発揮するつくりが重要です。家づくりをお考えの方は、ぜひ、この「構造設計を確実に行うこと」という考え方を、頭の片隅に留め置きながら、住宅会社を検討してください。

それでは、「構造設計」の詳しい中身を見ていきましょう。