メインイメージ

家づくり初めて講座

家が完成するまで

一般的な家づくりの工程をおおまかにまとめました。実際に建築の際は、地域の決まりもありますので、施工会社にご相談することをおすすめします。

家が完成するまで1家が完成するまで2家が完成するまで3家が完成するまで4家が完成するまで5

ご相談

マイホーム計画のスタート。家づくりのことなら何でもご相談を承ります。

  • ・資金計画
  • ・建築スケジュール提出
  • ・こだわりの仕様などを確認
  • ・融資事前審査

敷地調査

公共設備の配管の確認や法規制の調査を行います。

  • ・法規制の調査
  • ・測量・接続道路
  • ・排水・上下水道

プランのご提案

敷地調査に基づき条件を満たしたプラン、ご希望の仕様などについて打ち合せをします。

  • ・構造現場案内
  • ・完成現場案内

ご予算打ち合せ

お見積書を提示し、ご予算に合っているか打ち合せをします。

  • ・詳細見積書提示

お申し込み

お見積もり内容、資金計画、仕様等、提案内容にご納得いただいた後、建築お申し込みを承ります。

工程打合せ

地縄確認・地鎮祭から着工、上棟、完成までのスケジュールをご確認いただきます。

建築請負契約(本契約)

基本プランとお見積もり確定後、建築請負契約を締結させていただきます。

地盤調査

住宅建築に適した地盤であるか調査します。場所により地盤改良工事などが必要な場合があります。

図面承認・実施設計着手

詳細図面にて、設備、仕様を確認していただき承認していただきます。決定図面基に確認申請用図面を作成し申請の手続きを行います。

地縄確認 / 地鎮祭

建物の位置を確認していただき、ご希望の場合は地鎮祭を行います。

着工

厳しい監理体制のもとで基礎工事を開始します。近隣へのご挨拶等、工事中の配慮も欠かしません。

  • ・基礎検査(第三者機関検査)

上棟

柱や梁を組みあげ家の全体像が現れます。

  • ・構造検査(第三者機関検査)
  • ・防水検査(第三者機関検査)
  • ・躯体、木工事完了検査(第三者機関検査)

仕上げ工事

キッチン、クロス、照明などの設備設置、内装工事を行います。

完成

新居の完成。 施主様にお立会いいただき、完成確認と設備等の取扱説明をいたします。ご確認後、引渡し日を決定いたします。

お支払い(融資実行)

全ての費用の御精算となります。住宅ローンを組まれた方は、金融機関での金銭消費賃借契約書を締結後、融資金額が実行されます。

お引き渡し

御精算が済みましたら入居に際してのご説明をさせていただき、最後に保証書と鍵をお渡しいたします。

ご入居・アフターサポート

60年長期保証に基づき、無償点検・無償メンテナンス、有償点検・有償メンテナンスなどのアフターサポートをいたします。住まいでお困りの際は24時間対応のコールセンターもご利用いただけます。

サッシはどんなものがいいのか?

サッシイメージサッシイメージ

サッシ(sash)とは、窓の骨組みを指す言葉です。しかし、一般的には窓枠+建具(ガラス)をサッシと呼ぶことが多くなっています。どんなサッシにするかで室内の雰囲気はがらりと変わるので、サッシ選びはとても重要です。

サッシを選ぶ主なポイントは、①仕様、②開閉の種類、③材質の3点です。仕様には、一般的なサッシのほか、騒音を遮断する防音サッシ、熱の移動を抑制する断熱サッシなどがあります。開閉の種類には、一般的な引き違いのほか、外開き、内開き、外倒し、内倒し、すべり出し、突き出しなどがあります。そして材質の種類には、一般的なアルミのほか、スチール、木製、樹脂製などがあります。最近は、外側に耐久性に優れたアルミを用い、室内側にデザイン性に富んだ木製、あるいは断熱性能の高い樹脂製を使うといった複合サッシも人気があります。
気密性や掃除のしやすさなど、いずれのタイプにも一長一短があります。サッシを選ぶ際は、デザイン性だけではなく、機能面のメリット・デメリットまで含めてきちんと確認することが大切です。

外壁の種類は?

外壁イメージ外壁イメージ

住まいの印象を大きく変えるのが外壁です。外壁の主な種類には、サイディング、モルタル、ALC、タイル、板張りなどがあります。
このうち圧倒的なシェアを誇るのがサイディングで、窯業系、金属、木製の3種類に分かれます。窯業系サイディングは、セメントに繊維質や無機物を混ぜて成形した外壁材で、シンプルなものやタイル調、石積み調など豊富なデザインが特長です。金属サイディングは、ガルバリウムやアルミニウム、ステンレスの鋼板などを使用するもので、長期にわたりメンテナンス不要になるのがメリットです。木製サイディングは、天然の木材を塗装して仕上げた外壁で、木目がデザインになるため温かい雰囲気を醸し出します。

モルタルは、1980年代まで大きなシェアを誇りましたが、施工に手間がかかることから近年では少なくなってきました。砂、水、セメントを混ぜて練り上げたモルタルを左官コテで塗りつけたもので、表面の模様のつくり方により、ジョリパット、吹き付けタイル、リシン、スタッコなどの種類があります。吹き付けは、スタイルチェンジしやすいという特徴があります。

ALC(Autoclaved Light weight Concrete)は、軽量気泡コンクリートのこと。リサイクル性も高い建築資材で、環境にも配慮されています。ただし、水に弱く、重いので地震の事を考えると木造住宅には不向きというデメリットがあり、定期的なメンテナンスが必要です。タイルは、粘土や陶土、長石、石英などを砕いて成型したあと焼き固めた外壁材です。耐久性に優れており、デザインやカラーバリエーションも豊富のため、選ぶのが楽しい素材です。そして板張りは、古くから日本の住宅に用いられてきた外壁で、ヒノキやマツ、スギといった素材を使います。木材は反りや乾燥収縮が起こるため、厚みのある木材を使わないと割れが出る可能性もあります。
このほか外壁には、RC(鉄筋コンクリート)、レンガ、漆喰などがあります。住まいの「顔」ともいえるのが外壁なので、時間をかけてじっくり選択しましょう。

床暖房にはどんな種類があるのか?

床暖房イメージ

火を使わず、安全でやわらかい暖かさを提供するのが床暖房です。自然にやさしく、使い方次第では電気代もお得になります。床暖房には「電気式」と「温水式」という2つのシステムがあり、暖まり方やコストなどもそれぞれ異なります。

電気式床暖房には、蓄熱式、PTCヒーター式、電熱線ヒーター式の3種類があります。蓄熱式床暖房は、電気代の安い深夜電力を利用して暖めたヒーターの熱を蓄熱材に溜め込み、日中に熱を放出して室内を暖めるもの。効率的でランニングコストを抑えられるのが魅力です。PTCヒーター式床暖房は、床面の温度を細かく察知し、床面を均一に温めるもの。リフォームの際に導入しやすいのが特徴です。そして電熱線ヒーター式床暖房は、床下に設置した電熱線のヒーターが床面を暖めるもの。初期費用は安くすみますが運転費用が割高になるため、使用頻度があまり高くない場所に導入するのに適しています。
温水式床暖房は、熱源機でつくった湯を床下に敷いた温水パネル(マット)に循環させて部屋全体を暖めるシステム。熱源機には2種類あり、ヒートポンプを用いるのが温水式電気床暖房で、ガス給湯器を使用するのが温水式ガス床暖房です。
電気式床暖房のメリットは、自動で温度調節できたり、暖まり過ぎないようにサーモスタットや温度ヒューズなどが内蔵されていたりすること。そして温水式床暖房のメリットは、スイッチを入れてから暖まるまでの時間が早いことです。このようにどちらの方式も多彩な特徴を備えているので、部屋のタイプや家族構成なども考慮しながら選択するとよいでしょう。

保険の種類は?

保険イメージ

住宅の購入後に加入を検討することになるのが保険。その種類には火災保険、家財保険、地震保険などがあり、どうやって組み合わせればよいのか、頭を悩ませるところです。
住宅保険のベースとなるのは「火災保険」です。火災保険に加入すると、火災以外の災害にも対応できます。補償される主な内容は、①火災、落雷、破裂、爆発、②風災、ヒョウ災、雪災、③水災、④盗難、水漏れ、⑤破損、汚損などの5項目が一般的です。最近は、住まい環境(一戸建て、マンションなど)に合わせて保険内容を選べるプランも発売されており、その場合は選択した内容次第で保険料も変動します。

火災保険ではカバーしきれない生活用品の損害に備えるのが家財保険です。災害によって被害を受けた建物については補償されても、家財道具や家電製品などの損害は対象外となるケースがあるからです。加入した火災保険の内容をよく検討したうえで、家財保険にも加入するかどうかを判断するとよいでしょう。
地震保険は、地震や噴火、または地震などによって発生した津波を原因とする火災、倒壊、埋没、流失によって建物に生じた損害を補償します。火災保険や家財保険とは別途契約が必要で、地域や建物の構造などによって保険料率が変動します。
気になる保険料ですが、個々の住宅状況によって保険料は異なります。複数の損保会社で見積もりをとったり、補償内容のオプション設定を変えたりしながら比較検討することが大切です。

オール電化のトレンドは?

オール電化イメージ

安心で清潔、しかも経済的。そんな「オール電化」の暮らしを望む人が増えています。オール電化は、家の中で使用するエネルギーをすべて電気でまかなうシステムです。
オール電化住宅で利用される機器の代表ともいえるのがエコキュート。ヒートポンプユニットと呼ばれる室外機から空気を取り込み、コンプレッサーの働きにより空気を圧縮して温水を作るシステムです。電気温水器と比較すると初期費用は高くなりますが、ランニングコストは電気温水器の3分の1程度まで抑えることができます。機種によっては使用した湯量をリモコンやモニターに表示できる機能がついており、省エネに対する意識を高めて電気代のムダを削減することもできます。

オール電化住宅に欠かせないもうひとつの機器は、IHクッキングヒーター。ご存じの方も多いのでは? 磁力線の働きにより金属の鍋を発熱させるシステムで、高火力からトロ火までどんな料理にも対応できます。熱効率が高く調理時間を大幅に短縮できるため、使用する電気代も少なくて経済的です。調理タイマーや油温設定などの便利機能を使えば、手間のかかった料理も簡単においしく仕上がります。
オール電化住宅は、光熱費の大部分を占める「お湯」と「暖房」にかかるコストを安く抑えることができるほか、ガスの基本料金が不要になるためさらに費用を節約できます。また、ガスのように住宅内に熱源を引き込まないため、ガス漏れや不完全燃焼による一酸化炭素中毒の心配もありません。火元が不安になりがちのご高齢の方にも、オール電化はおすすめです。